中野美奈子アナ「来た来た来た」局アナ時代の恐怖体験 逃げた先は…

#中野美奈子アナ「来た来た来た」局アナ時代の恐怖体験 逃げた先は…
中野美奈子アナウンサー   元フジテレビでフリーの中野美奈子アナウンサー(39)が2月27日放送の日本テレビ「1周回って知らない話SP」(後7・00)に出演。局アナ時代のファンによる追っかけ被害と、その対策を明かした。   局アナ時代の恐怖体験として、ファンによる追っかけについて振り返った中野アナ。「徐々に慣れてきちゃんうんですよ。“あっ、またいる”みたいな感じで。来た来た来た…みたいな。こっちも“やるぞ!”って」と常態化していたとし、危機管理も薄くなっていたという。   その対策として「自分のテリトリー。大学のキャンパスとか、商業施設の出口がいっぱいあるところとか」に逃げ込んでいたとし、さらに駆け込み先として「一番いい場所」として挙げたのが「墓地」だった。   「普通の人は絶対来ない。だから墓地に逃げて、墓石に隠れて相手の動きを)見ながら(まく)」と、墓石から顔を出す動作を再現。この仕草には、MCの東野幸治(51)から「初代ひょっこりはん」とつっこまれていた。 
https://www.youtube.com/channel/UCBTIMCAw-VMD2jqJk80OI7w?sub_confirmation=1

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です